カートを見る0



店長ご挨拶

ご来店ありがとうございます。店長の加藤です。 ご意見・ご要望などいつでもご連絡をお待ちいたしております。ご相談も承ります。

新製品情報 動画視聴の方はこちらへ

メールマガジン

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

 

RSS

<< 生活習慣病予防 その1「適度な運動の習慣」 | main | 生活習慣病予防 その3「健康的な身体になるための生活習慣」 >>

生活習慣病予防 その2「しっかり運動を」

0
    【大丈夫ですか】消費エネルギーと摂取エネルギーがアンバランスになっていませんか?

     美味しい物は食べたい!飲んでわいわいするのが好き!
    そんな方は沢山いらっしゃると思います。筆者もその一人です。

     年齢が上がるにつれ体重が落ちにくくなる。
    また、デスクワーク中心の仕事になりお腹が・・・
    でも、食べる量は今までと変わらない・・・

     そんな生活の繰り返しでいると、メタボ街道まっしぐらという結果になってしまいます。
    暮らしが便利になることによって歩く機会が少なくなるなど、現代人の身体活動量は極端に減ってきています。その一方で、食生活が豊かになることによって食事から過剰にエネルギーを摂取しているので、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回るというアンバランスが生じています。


     【大丈夫ですか】運動不足による肥満はあらゆる生活習慣病の元凶といわれています。

     こうしたアンバランスな状態が続くと体重が増え、「肥満」になります。肥満の中でも内臓に脂肪がつく「内臓脂肪型肥満」は、脂質異常症や高血圧、糖尿病などの生活習慣病を合併しやすいことがわかっています。内臓脂肪型肥満にこれらの生活習慣病が重なる「メタボリックシンドローム」になると、動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞などの心疾患、脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患など重大な後遺症を残したり、死に至る可能性のある病気につながります。

     運動不足による長年の肥満は、足腰に大きな負担をかけ、骨粗鬆症や変形性膝関節症など、骨や関節、筋肉、神経などの運動器の障害を招きます。これらの運動器の障害によってからだを動かしにくくなり、筋肉とバランス能力の衰えから骨折、転倒しやすくなって、介護が必要になる危険の高い状態を「ロコモティブシンドローム」といいます。放置していると徐々に寝たきりなどの要介護状態となり、日常生活の質を著しく低下させます。


     【そうならないためにも】生活習慣病予防にしっかり運動を

     適度な運動は骨を丈夫にし、筋肉を強化することはもちろん、運動により消費エネルギーが増えるので、余分な体脂肪が減り、肥満の予防・改善につながります。また、適度な運動には、高血圧や糖尿病、動脈硬化に対する直接的な予防・改善効果もあります。まずはしっかり運動することが重要です。

     特に血圧、血糖値、中性脂肪やLDL-コレステロールなどの脂質、BMI、腹囲などの健診結果が基準よりも高い場合は、意識して運動を心がけましょう(要精密検査や要治療の場合は医師へご相談ください)。

    ====続く=====

    コメント
    コメントする








       
    このページの先頭へ▲